HOME > KUHL Fam!

KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2018年10月7日

KUHLRACING日産リーフ用新作エアロ開発中!フロントエアロ・サイドエアロ・リアウイング造形完了!リアバンパーの造形スタートしました!<KUHL片岡より>

2018.10.07

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

先日、電気自動車の「日産リーフ」エアロパーツ開発のご紹介をさせて頂きましたが、本日はその進行状況をご紹介させて頂きますね!

トヨタ自動車とソフトバンクの業務提携の発表には、大変驚かされましたね・・。今、自動車業界は100年に1回の大変換期と呼ばれていますが、今回の業務提携も先の未来を見越した動きなんでしょうね・・。 自動運転の技術・産業・システム化と、電気自動車化の波が一気に訪れる実感が湧いてきました!

また、最近の自動車メーカーはエアロパーツの開発にも力を入れており、新車ディーラーさんで、エアロパーツを装着して販売するスタイルが、今後ますます活発になっていくことが予想されます!

弊社も今後は、自動運転に対応したエアロパーツ、自動車メーカーに負けないようなクオリティの高いエアロパーツ開発を行っていく必要があると、日々日々実感しているところでございます・・・。

というわけで、今回開発させて頂いているエアロパーツは、電気自動車と一部自動運転化されている、日産リーフ用のエアロパーツとなります。

KUHLとしては、リーフのカスタムとしていち早く、エアサス、リアアクスル加工、20インチ大径ホイールを履かせるカスタムを行い、データを収集しております~!

カスタムのやり方ひとつで、航続距離が変化するという特徴も出てきましたし、自動運転に影響しないカスタムをどのように追及していくかなど、興味がつきない車ですよ~!

今回、エアロパーツを装着することで、またどうなるかを検証したいと思っています!特にリアまわりはバンパーとフローティングディフューザーによる、いつものごとく空洞の多いエアロパーツとなりますので、航続距離(燃費)にどのような影響を及ぼすか、非常に楽しみに考えています。

エアロパーツ装着による、空気の流れの変化で、・・・後続距離(燃費)が悪化してしまう可能性もあり・・・なんですが・・・。完成後の検証結果を楽しみにしていてくださいね!


 

それでは、現在の開発状況はこのようになっております!

フロントディフューザーはクレイ(粘土)での造形がほぼ完了したところです!

サイドディフューザーは、石膏反転も終了し、マスターモデルの修正を行っているところです。サイドディフューザーが一番早く進んでいる感じですね!

リアウイング(ルーフスポイラー)も、クレイ造形がほぼ完成した状況です!

そして、リアバンパーの造形もスタートしました~!

御覧のように、リアバンパーを切断しました~!

純正では、空力を考えてか、フロア全面を覆うアンダーカバーが装着されてました~! フローティングディフューザーとどのようにつなげるか、検討が必要ですね!

バックパネルまでは20センチほどの奥行きがありましたので、立体感のあるバンパーは作れそうです。

リアまわりはまだまだこれから時間がかかりそうです・・・。

また開発状況のご報告をさせて頂きますのでよろしくお願いします!

日産リーフが完成しましたら、お次は、スバルレヴォーグ、スズキジムニーと新開発を行っていきたいと思っておりますので、楽しみにしていてくださいね!

 

 

 

記事一覧へ戻る