KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2018年4月21日

30後期ヴェルファイア KUHLPREMIUMエアロパーツ第2弾! エアロデザインCG完成しました~! アンダーディフューザータイプエアロです!<KUHL片岡より>

2018.04.21

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

30後期ヴェルファイア&アルファードとも第一弾エアロパーツが完成し、おかげ様で多数のオーダーを頂きまして誠にありがとうございます!

また、新車コンプリートカーとしてもご購入頂けるお客様が非常に多くて、本当にありがたい限りです!!

そのような中、早くも?ヴェルファイア&アルファードの第2弾エアロパーツの開発をスタートさせておりますので、ご紹介させて頂きますね!

まずは、第1弾ハーフタイプエアロのデモカー完成写真からです~!

このハーフタイプエアロは、おかげ様で大人気でした前期タイプを踏襲したデザインテイストで商品化させて頂きました!

深い奥行きと立体感溢れるフロントスポイラーや、片側4分割のコダワリ抜いたサイドステップ、大きく反り上げてローフォルムに仕上げられるリアフローティングディフューザーが特徴的なデザインとなっております!

後期モデルも非常に人気となっておりますが、新車コンプリートカーとしてご購入いただく際に、もう少し選択肢があったほうが良いと思い、第2弾エアロの開発をスタートさせて頂きました!

デザインCGが完成しましたので、お披露目です~! まずはフロントからです!

第1弾(Ver1)のハーフエアロに対して、第2弾(Ver2)はアンダーディフューザータイプのエアロとなります!

ハーフタイプが純正バンパー比25mmダウンでの設定に対して、第2弾は15mmダウンという、地上高をより確保できるデザインに仕上がる予定です!

シンプルな形状ながらもサイドフィンを前方まで張り出させることにより、立体感もあるデザインに仕上がる予定です!

Ver1で好評な、メッキ部分を隠すカバーも同じくVer2専用に作らせていただく予定です~!

また、サイドステップも今回、新開発となります! こちらも薄型デザインに仕上げる予定で、薄型ながらもスポーティに仕上げたいと思っております!

そしてリアフローティングディフューザーも新作となります!

今回のフローティングディフューザーは、Ver1タイプよりもかなり薄型となります! 上方への反り上げも少なくし、Ver1よりもシンプルなテイストで仕上げたいと思っています!

お客様のお好みでVer1かVer2かを選択して頂ければと思います!

ちなみに、新車コンプリートカーはVer1タイプ、Ver2タイプどちらも同じ価格(コンプリート車両価格459万円税込)にて、販売させて頂く予定ですので、選択肢が増えるのではないかと思っております!

もちろん、アルファードも開発させて頂く予定です!

Ver2の完成時期ですが、今のところ、デモカーの完成が5月末~6月初旬、デリバリー開始が6月中~下旬となる予定です!

弊社エアロ内製工場のスタッフは、今年も大忙しでございます~! 少しでも早く、皆様のもとに届けられる様にと日々頑張っておりますので、ぜひともよろしくお願いいたします!

それではヴェルファイア後期エアロパーツVer2の完成を楽しみにしていてくださいね~!

**アルファードのデザインCGも完成次第、ご紹介させて頂きます~!

 

 

 

 

記事一覧へ戻る