KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2018年3月14日

【動画あり】30系後期ヴェルファイア|人とは違うを狙うならエアロパーツでカスタムするのが大正解!

2018.03.14

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

2018年1月にマイナーチェンジをして結構衝撃的なデザインとなった30系ヴェルファイアですが、みなさまそろそろ見慣れてきましたか?まだまだ一般道を走っている姿を見かけることは少ないですが、納車待ちの人もこれから購入を考えている人も街中に溢れかえる前に個性を出したいとは思いませんか?そう、自分だけのヴェルファイア。そりゃもちろんどんなヴェルファイアでも自分だけのヴェルファイアですが、ドレスアップしたヴェルファイアは「自分だけ」感がひとしおです。そんな人にオススメなのがエアロパーツによるカスタム。今回はKUHL Premiumから登場した30系後期ヴェルファイア用のエアロパーツを紹介したいと思います。

TOYOTA VELLFIRE/トヨタ ヴェルファイア


KUHL Premiumでは30系ヴェルファイア前期モデルも手がけており、ミニバンらしからぬレーシングなデザインが特徴となっています。今回の後期モデルも同じくレーシングテイストを盛り込んでいます。キングオブミニバンと呼ばれるだけあって、エアロパーツ+大口径ホイール+ローダウンの姿が様になっていますね。

KUHL Premium 30V-SSⅡ

フロントスポイラー:5万9000円(未塗装)/7万9000円(塗装済み)
サイドステップ Ver.1:6万9000円(未塗装)/9万9000円(塗装済み)
リアフローティングディフューザー:4万9000円(未塗装)/6万9000円(塗装済み)
フロントグリル:5万円(未塗装)/6万5000円(塗装済み)
フロントコーナーカバー アタッチメント:1万5000円(未塗装)/2万3000円(塗装済み)
レーシングボンネット:7万9000円(未塗装)/9万9000円(塗装済み)
上記5点フルキット:29万5000円(未塗装)/39万5000円(塗装済み)
※税別価格
※価格はRG(レギュラー)タイプ
※2トーン塗装済みは1ピースにつき1万5750円アップ

デザインは動画でしっかり解説!

写真ではわかりにくい部分やエアロパーツの特徴を解説した動画を公開しています。最後にはこのクルマをまるまる新車で購入できるドレスアップコンプリートカープランの価格も発表されているのでぜひご覧くださいね。

記事一覧へ戻る