KUHL Fam!- KUHL JAPANが発信するNEWS&MOVIES - RSS

2018年2月2日 - ヴェルファイア

【動画あり】30系ヴェルファイアってマイチェンでなにが変わった?前期と並べて比べてみました!

2018.02.02

  • RSS
  • Twitter
  • facebook

マイナーチェンジをして後期モデルになった30系ヴェルファイアですが、ちょうどいまが切り替え時期でお店ではまだまだ新旧入り乱れ状態のところも多いのではないでしょうか?KUHLでも後期ヴェルファイアはこれから続々と入庫しますが、前期モデルもまだ残っています。
そこでせっかく前期モデルと後期モデルがあるんだから、並べて比較してみましたよ。

サイドとリアはエアロの流用ができる!?

今回比べてみたのはどちらの30系ヴェルファイアのZグレードです。ブラックが後期モデルでホワイトが前期モデルですね。この写真からおわかりいたただけるように、後期モデルの外装はノーマルですが、前期モデルはKUHLのコンプリートカーなので以下のパーツがついています。

トヨタ・ヴェルファイア(30系前期)
■フロントリップスポイラー
■サイドステップ Ver1
■リアフローティングディフューザー
■フロントグリル
■レーシングボンネット

詳しくはコチラをご覧ください
KUHL Premium・30 VELLFIRE BODYKIT(Ver1) 30V-SS

これだけエアロパーツがついているので、後期純正との違いというより前期のエアロパーツが装着できるのかも含めての検証となっています。フロントはあきらかに前後期で異なりますが、サイドとリアはエアロの流用できそうですよ。詳しくは動画をご覧ください。

記事一覧へ戻る